中村栄輔(モスバーガー)の経歴とプロフィールがすごい!

みなさん、モスバーガーは好きですか?

中村栄輔さんは5年前に創業家以外で初めてモスバーガーを運営するモスフードサービス社長に就任しました。

その後、中村栄輔さんは不振にあえいでいたモスバーガーを復活させ、昨今のコロナ禍でも勢いは衰えることなく躍進し、昨年11月の売上高はマクドナルドを上回る前年比122%という高業績になりました。

今回は中村栄輔さんが、どんな人か気になったので調べてみました。

スポンサーリンク



1. 中村栄輔さんのwiki風プロフィールは?

中村栄輔さん   出典元:style.nikkei.com

中村栄輔さんのwiki風プロフィールは

名前   中村栄輔 (なかむら えいすけ)
生年月日 1958年6月13日
年齢 63歳   ※2021年10月時点
最終学歴:中央大学法学部
趣味:サッカー観戦、生け花の鑑賞
出身地:福岡県

文武両道の優秀な企業戦士という感じですね。

2. 中村栄輔さんの経歴は?

・学歴は?

福岡教育大学附属久留米中学校
熊本マリスト学園高等学校
中央大学法学部

<スポーツ>

中村栄輔さんは小学校ではソフトボール、中学校では野球部で活躍し、ショートを守り、久留米のブロック大会では準優勝をしました。

高校でも野球をしようと思っていましたが、入学した熊本マリスト学園高校には野球部がないことを上級生から教えられ、とても驚きます。

中村栄輔さんは、それがきっかけで、その上級生が所属していたサッカー部に入りました。

そしてサッカー部では熊本県の新人戦で優勝しました。

コーチだったマグラー神父(左)と     中村栄輔さん     出典元:nikkei.com

何やっても活躍できるってことは運動神経がいいんですね。

<将来の志望>

中村栄輔さんの中学時代は祖父の入院を機に、病気で困っている人を助ける医師に憧れました。

そんな訳で高校入学時は医学部志望でしたが、理数系の成績が伸びない為、医学部は断念してしまいます。

医者になるのは諦らめたが困っている人を助けたいという思いは変わらず、弁護士を目指して中央大学法学部へ進まれました。

中央大学     出典元:toyokeizai.net

中村栄輔さんは、大学時代によく通っていた東京・世田谷のモスバーガーで、従業員から「ちゃんと勉強してる?」と声をかけられたそうです。

そんなこんなで頑張って勉強しましたが。残念ながら司法試験は6回受験して、すべて不合格でした。

・職歴は?

1988年モスフードサービスに入社。
95年法務部長、97年社長室長、2001年店舗開発本部長、
05年執行役員営業企画本部長、08年執行役員、モスフードサービス関西社長、
10年取締役執行役員開発本部長、12年国内モスバーガー事業営業本部長、
14年常務取締役事業統括執行役員、
2016年社長に就任。(現任)

と、順調に出世されました。

出典元:mos.jp

中村栄輔さんは、会社に入社してからも、仕事も勉強も熱心で、経営学をもっと学びたい、という思いから法政大学大学院に夜間通われました。

その後、社長室長になった時は創業者の桜田慧氏の傍らで仕事を覚えられました。

桜田慧氏(中)と中村氏(右)出典元:nikkei.com

そんな基幹部門を歩いてきた中村栄輔さんでしたが現場の店長を経験したことがありませんでした。

第4営業部の営業部長になった時に「店長経験のない営業部長は大丈夫?」という陰口を言う人もいましたが、エリアリーダーやみんなが協力してくれて逆にやりやすかった、ということです。

加盟店オーナーと一緒に話しこんで酒を酌み交わし、価値観の共有を大切にしたそうです。

まさに人柄も頭も体力も優れてうらやましいですね。

<社長就任>

前任の社長が中村栄輔さんを社長に指名したのは、法務畑が長く、現場を知らないで入社しており、自分と違うタイプの人間のほうがいいなということで、任命されたそうです

中村栄輔さんは2016年にモスフードサービスの社長を託された時、は50年先も存続できる組織作りを任された、と感じたそうです。

<サッカーの考え方>

中村栄輔さんが経営に取り入れているのはサッカーの考え方だそうです。サッカーはゴールにボールを入れるために、11人がどう動くかを瞬時に決めて、攻めと守りを同時に行わないといけない。これは会社経営にもつながるとのこと。

例えば、店舗で言えばお客がゴールで、接客担当だけでなくスタッフ全員で店舗を動かしている。何かあってもいちいちオーナーの指示が無くても、スタッフが自分で考えて瞬時に行動できる、それが大切とおっしゃっています。

3. おわりに

いかがだったでしょうか?

中村栄輔さんは、実はモスフードサービスへの入社後もしばらくは司法試験に未練があったということです。

しかし今は、道は違ったが「熱い心と冷静な頭で、人の役に立てる、幸せになってもらえる飲食業を目指したい」と語っておられます。

今後、どんな活躍をされ、モスフードサービスがさらに発展するのか楽しみです。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク