羽根田卓也の経歴やインスタの筋肉がすごい!ポルシェや彼女は?

出典元:wikipedia.org

爽やかな顔と逞しくも美しい肉体美で、
女性からの人気も絶大のアスリート、羽根田卓也選手。

羽根田卓也選手はリオ・オリンピックのカヌーのスラローム競技で、銅メダルという日本人初の偉業を成し遂げた選手です。

本日は、そんな羽根田卓也さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

1. 羽根田卓也さんの経歴がすごい!

羽根田卓也(はねだ たくや)
1987年7月17日 生まれ  33歳  ※2021年4月現在
愛知県豊田市出身

出典元:shueisha.co.jp

羽根田卓也さんはスポーツ一家の産まれ、
特に父親がカヌーの選手だったことから、
羽田卓也さんも9歳でカヌーを始めることになります。

愛知県の杜若(とじゃく)高校に進学し、高校三年で日本選手権を制すると、
2009年には単身スロバキアに渡られたんですね。
コメンスキー大学の体育スポーツ学部に進学、
同大学の大学院にも在籍し、修了されました。

コメンスキー大学                 出典元:wikipedia.org

スロバキアは中央ヨーロッパの国、
カヌーの強豪国であり、一人で遥々そのような国まで飛んだということからも、
羽根田卓也さんがどれほどカヌーに対して本気だったか、
前途有望な選手であったかが分かります。

羽根田卓也さんは、とにかく日本人カヌー選手として特出した経歴の持ち主。
18歳の若さでワールドカップ、
スロラーム男子カナディアンで決勝進出を果たしたのですが、
若さもさることながらそもそもこの大会での日本人の決勝進出が史上初。

出典元:pinterest.jp

大会での戦績は素晴らしく、
2014年の世界選手権では5位、
2014年、2018年のアジア大会では金メダル、
2016年のワールドカップでは日本人初の3位。

オリンピックには2008年の北京、2012年のロンドン、
そして2016年のリオデジャネイロ五輪の三大会連続出場。

特にリオ五輪では決勝で3位、
カヌー競技日本人初の銅メダルを獲得しました。
すばらしいですね。

・2020東京オリンピック戦績は?

7/25  予選   13位通過しました

7/26  準決勝  10位通過しました

7/26  決勝   10位でした

残念、お疲れさまでした。

2.羽根田卓也さんのインスタ、筋肉がすごい!

経歴や成績もすばらしい羽根田卓也さんですが、日頃の過酷なトレーニングのなせるわざなんでしょうね、筋肉も当然ながらすごいです。

そんなトレーニングの様子がインスタにありましたのでご紹介します。

3. 羽根田卓也さんのポルシェは?

2017年10月、リオ五輪でのメダル獲得の翌年、
羽根田卓也さんはポルシェジャパンとスポンサー契約を結びました。
それ以来羽根田卓也さんはポルシェの虜なのだそう!

全国を転戦とするカヌー選手にとっては車は必要不可欠、
かつては、ドライブが時に苦痛に感じられたという羽根田卓也さんは、
ポルシェに出会ってから「初めて運転を楽しく感じた」と語っています。

カイエン、ボクスター、マカンなど、
様々な車種を乗り継いできた羽根田卓也さん。

2020年12月には期間限定でオープンしていた、
ポルシェ・タイカンのポップアップストアに登場。
ポルシェ初の電気自動車であるタイカンの特別試乗も体験されました。

出典元:twitter.com

この時にも「やっとタイカンに乗れますね」、
「ずっと楽しみにしていた」と語るなど、
新体験にワクワクを隠せない様子だった羽根田卓也さん。

試乗後も、試乗の感想を活き活きと語り、
ポルシェに対する思いなども饒舌に話されていました!

4. 羽根田卓也さんの彼女は?

女性人気が高いアスリートである羽根田卓也さん。
気になるのは奥様や恋人の有無ですね。

現在羽根田卓也さんに彼女がいるといった情報は見つかりません。
過去には、現役でいるうちは多忙なスケジュール故に、
「結婚なんて無理」「嫁さんをもらうことなんて考えられない」
と語っていたことも。

出典元:melos.media

テレビ番組に出演した際に、
過去には彼女がいたと話されたこともあります。

そのお相手がなんとスロバキア人!
といっても、羽根田卓也さんは高校卒業後スロバキアへと渡ったので、
不思議な話ではありませんね。

他にもドイツ人の彼女もいたのだとか。
こちらは羽根田卓也さんのお父さんがテレビ番組で暴露した情報でした。

スポンサーリンク

5. おわりに

いかがだったでしょうか。

日本ではマイナー競技だったカヌー人気をここまで引き上げたのは羽根田卓也さんの功績が大きいです。
今後の羽根田さんのさらなる活躍に期待したいですね。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク