木村沙織、バレーボールの経歴は?

出典元:yahoo.co.jp

元女子バレーボール日本代表・木村沙織さん(きむらさおり・1986年8月19日生)が現役を引退してから、約4年が過ぎました。

木村沙織さんは、2012年のロンドンオリンピックではエースとして出場し、日本に28年ぶりのメダルをもたらしました。

木村沙織さんは、その後は日本代表のキャプテンとして活躍され、2017年に惜しまれながら引退しました。

そんな木村沙織さんのバレーボール人生についての経歴をまとめてみましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

1. 木村沙織さん、バレーボール 小学時代は?

小学2年 あきる野市の秋川JVCに入団し、バレーボールを始める
小学6年 ライオンカップ(全日本バレーボール小学生大会)予選敗退
東京新聞杯で優勝

木村沙織さんは両親がバレーボールをしていた影響から、自然とバレーボールにあこがれを抱くようになりました。
家の近くに大きな公園があって、家族でよくバレーやバドミントンをして遊んでいました。

秋川JVCは守備重視のバレーボールクラブで、木村沙織さんはレシーブ練習を数多くやりレシーブ力をつけていきました。

木村沙織さんは、バレー人生で一番悔しかった試合はライオンカップ予選敗退だとおっしゃっています。

出典元:jva.or.jp

2. 木村沙織さん、バレーボール 中学時代は?

中学1年 バレーの名門、成徳学園中学校に入学
中学2年  左手中指の付け根を骨折して全治2週間
中学3年 中学校バレーボール選手権大会優勝
全国都道府県対抗中学バレーボール大会優勝、JOC杯受賞(最優秀選手)

成徳学園中学校では、荒木絵里香、大山加奈、大山未希など、以後チームメイトとなる選手達と出会いました。

中学校入学時には身長163cmだったが、中学3年間で約15cm伸びました。

ポジションはセンターとライトを務める事が多くなりました。

Bクイックは得意技と言えるほどに上達し、プレーに幅が出ました。

3. 木村沙織さん、バレーボール 高校時代は?

高校1年 成徳学園高校に進学
高校2年 ライトで主力選手になる
春高バレー(バレーの甲子園)で優勝
インターハイ3位
全日本代表に召集され9月のアジア選手権に出場
12月の全国私学大会で優勝
高校3年 春高バレーで準優勝
アテネオリンピック最終予選で日本代表に招集され、初戦のイタリア戦で活躍しスーパー高校生と呼ばれる
アテネオリンピックに日本代表招集されるが腰痛で活躍できず

2004年アテネオリンピックでは腰痛のため出場はほとんど無かった木村沙織さんですが

海外選手がハイレベルな試合をすることを肌で感じて、大きな刺激を受けたそうです。

出典元:sports-biz.co.jp

4. 木村沙織さん、バレーボール 東レ時代は?

2005年 東レに入社  Vリーグでは、開幕戦ライトでスタメン出場
新人賞を受賞
2006年 世界選手権出場
ワールドカップ出場
2007年 皇后杯優勝、ベスト6賞受賞
2008年 Vリーグ優勝、ベスト6賞受賞
北京オリンピックに出場
2009年 Vリーグ優勝、黒鷲旗優勝、ベスト6賞受賞
2010年 Vリーグ優勝、黒鷲旗優勝、ベスト6賞受賞
世界選手権銅メダル
2011年 皇后杯優勝、ベスト6賞受賞
ワールドカップ4位
2012年 Vリーグ優勝、ベスト6賞受賞
ロンドンオリンピック銅メダル
9月東レ退社(東レアローズを退団)

木村沙織さんは東レ時代、チームの主力メンバーとして優勝に何度も貢献し、また個人としても、ベスト6やMVPに数多く選ばれるなど、日本女子バレー界のトッププレイヤーでした。

木村沙織さんは2012年ロンドンオリンピックでは33得点を挙げる大活躍で、準々決勝でオリンピックでは一度も勝てなかった強敵中国を破り、3位決定戦で韓国を下し、日本女子代表チームの28年ぶりのメダル獲得の原動力になりました。

出典元:cyclestyle.net

5. 木村沙織さん、バレーボール 東レ以後は?

2012年 9月トルコリーグのワクフバンクへ移籍
2013年 欧州チャンピオンズリーグにおいて優勝
トルコカップ優勝、トルコリーグ優勝
2013年度の全日本キャプテンに就任
2014年 6月、東レ・アローズへ復帰
世界選手権出場
2015年 Vリーグ6位
ワールドカップ出場
2016年 Vリーグ3位
リオデジャネイロオリンピック出場

2017年 3月、現役引退を表明

木村沙織さんはトルコで2シーズン活躍され、地元のファンや選手から気軽に声をかけられるぞんざいでした。

木村沙織さんにとってトルコはバレー人生の中で一番視野が広がった時期だったそうです。

6. おわりに

いかがだったでしょうか。

木村沙織さんは、愛くるしいルックスと明るい性格、抜群の運動神経により、人気と実力を合わせ持ったスーパースターです。

その輝かしい実績はこれからも語られていくことでしょう。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク