新着情報

What New

朝は亀岡には大雨洪水警報が出ていましたが

2017年08月18日



朝、エリアに向かう時の道路情報案内板では大雨洪水警報が出ていて、「大丈夫なんかいな!」という感じだったのですが、雨がふることもなく、その後天気は急速に回復、夕方前までいい感じでフライトできました。

しかし、ラストフライトで・・・。

<今日のトピック>

夕方前、空は曇りがちになってきました。不安定になる予報だったので、急ぎ気味で山に上がったところ、嫌な予感は的中、遠くの方では既に雨が降りそうな積乱雲が発生。しかし、こんな時に限って風は少しフォロー。(追い風)

外国からのお客さんだったので、通訳役の方を介して、空中まで走る形でしっかり助走をしてもらえないと飛べない旨を何度も繰り返しお伝えしたのですが、いざ出ようとすると怖かったのか、途中で走るのをやめられて、二度テイクオフできず。二度目は軽いスタチンに・・・。(スタチン=スタートで沈する=離陸場下のヤブにガッサーとツッコんでいくような状態。)

で、別の方に代わっていただいて、改めて、「走らないとあんな感じでヤブにガッサーと行きますので、よろしくお願いします。」と何度か通訳役の方に説明してもらって、再度挑戦。

走り始めて5mでジャンプって・・・。ここから更に加速のとこなんですけど・・・。ってことで、またもスタチン・・・。特に、風がフォローなので、止まってしまうとスタチン確率大幅アップなのです・・・。

ちなみに、風が前から来ている(アゲインスト)の時はこんなふうに苦労することは全然ありませんので安心してください。また、風が少々フォローの場合でも、ある程度しっかり走って頂けば、問題なく離陸すること
が可能です。

という事で、再度口ズッパで説明した後、再度挑戦。今度はなんとか飛べましたが、やっぱり途中でジャンプして座っておられました・・・。ダメだコリャ。(いかりや長介風に)

でも、なんとか飛んで頂けて良かったです。

しかし、この後、残ったお二人は、雷鳴轟く中、更に強めのフォローの風となってしまってフライトできず。

申し訳ありませんでした。

そして、車で降りる時には土砂降りに。

よろしければまた、改めておいでください。

飛行機がジャンプして飛ばないように、パラグライダーもまた、飛べるスピードまで加速できた時点で、自然に滑空していきます。早歩きくらいのスピードから、徐々に加速していく感じで、しっかり飛ぶところまで、良くアニメであるように、空中でも足を動かして頂けると大変ありがたいです。

そして、飛行機が飛んでからもしばらく、安定するまで車輪を格納しないように、パラグライダーにおいても、飛んですぐ座ろうとせず、こちらが安定を確認して座っていいですよと言うまでは、慌てたり、焦ったりいてご自分で座られることのないよう、ご協力頂けると大変ありがたいです。

どうかよろしくお願い致します。
Now Loading...