新着情報

What New

またも風は強めでしたが

2017年05月18日



またも風は強めでしたが、全員の方に、長距離&長時間フライトを楽しんで頂けました。

今日は風が強かったので、雲が少ない絶好の快晴、結構遠くの山まで見えました。ただ、日差しは日々メチャクチャ強くなっています。日焼け対策&水分補給対策は十分にしてお越しください。

<今日のトピック>
お若い二人組の女性、お一人の方はテイクオフでメッチャ怖がり、「無理・・・。」と何度も弱音を・・・。しかし、飛んでしまったら大丈夫だったようで、楽しんでもらえました。

そして、僕が担当した方。助走の際は手は何も持たず、普通に50m走的な感じで加速していくのですが、ハッと気づくとどこかを持とうとされるのです。

「空中まではどこも持たないで加速します。」というと、「怖すぎて、何か持ちたいんです・・・。」・・・と。

「友達がビビってる時、全然大丈夫そうやったやないですか。」

「いや、怖すぎるんで、そう思わないためにそういう素振りを・・・。」

(苦笑)

で、特に問題もなく、サクッとフライトしたんですが、やっぱりそこそこ怖かったようです・・・。高所恐怖症だそうで・・・。

でも、以前モーターパラグライダーのタンデムもされたことがあるらしく・・・。

もしかしてちょっとマゾですか?(笑)

でも、フライト自体は経験できない体験でしたのでとても良かったと、喜んでもらえました。

ちなみに、僕も高所恐怖症です。高い山の崖っぷちから下とか見ると足ガクガクです。でも、そんな崖っぷちをパラグライダーで飛んでいる時は全然下を見ても怖くないです。ベースがアホだからでしょうね。

という事で、時に高所恐怖症の方も度胸試し!?的な感じでおいでくださいますが、大概大丈夫です。

バンジージャンプやスカイダイビングのように「落下」する訳ではないので、空中はそんなに怖くないですし、生身で飛ぶのでちょっと夢みたいな感じで、恐怖が薄れるとかもあるかもしれません。

なお鬼飛では、穏やかなフライトだけでなく、ちょっとした恐怖体験もしたいという絶叫アトラクション好きの方に、「プチアクロオプション」をご用意しております。

「パラグライダーやのにこんな飛び方が!!っていうか、これってどう飛んでますのん??」といった、どうなってるんだか分からん「ごっついG」を感じたいというあなたは、是非プチアクロオプションをご用命ください。

Now Loading...