新着情報

What New

八木&三郎でフライト

2017年05月02日



相変わらず風が強いGW。ですが、飛べております。

本日は、北風強めの予報ということで、北向きエリアの八木でタンデム。中々いい感じでフライトでき、ソアリング(上昇気流に乗り、長い時間滞空したり、離陸場の高さより、高く上がったりすること。)ができた方もいらっしゃいました。

八木エリアはテイクオフ(離陸場)が清水の舞台ばりのランチャー台(鉄製の足場で構成された、舞台状の離陸場)となっており、助走する距離は短めで、更には端っこはズドーンと山の斜面まで十数メートルの高さで落ち込んでいる為に、絶景&恐怖感ハンパなしとなっており、多くの方々に色々な意味で大人気。

更には、そのテイクオフまで上がっていくのは車ではなく、モノラック。

モノラックは山の急斜面で、みかんや木材を運ぶため、モノレール状の軌道をゆっくりと進んでいく、ディーゼルで動く小さなモノレールを、人が乗れるバージョンにしたもので、こちらもかなりの急斜面をグイグイ登っていき、普段は決して体験できない乗り物ですので大人気です。

ただ、八木エリアは、基本的にテイクオフの高度が低く(200m)、風向きの条件が合致するときしか使わないので、ご予約をしてフライトをしていただくことはすみませんができません。ご了承ください。

なお、その八木エリアは、昼過ぎから爆風ベース&西向きへと変わってきて、フライトは無理そうな感じに・・・。一方で、三郎(パラパーク)の方も西向きの風へと変わってきたということで、フライトの望みをかけて、三郎に移動しました。

結果、夕方前から三郎で飛べました。こちらでも、ソアリングができたタイミングもあり、本日も、タンデム予定の全ての方にフライトして頂くことができました。良かったです。

ありがとうございました。
Now Loading...